葉酸はサプリで楽々摂取!|必要不可欠な成分を楽して取り入れる方法

ニュース一覧

安心して妊活に取り組もう

診察券

助成金について知ろう

不妊治療はお金がかかると思われる方が多いのではないでしょうか。不妊治療では、タイミング法・人工授精・体外受精・顕微授精のステップがあります。どのステップから治療を開始するのかは、それぞれの夫婦の年齢、体質、過去の妊娠歴、持病などの情報を元に医師と相談しながら決めます。特に、体外受精・顕微授精では健康保険が適用されないため、一回につき約30万円から約50万円、それ以上かかる場合もあります。金額に幅があるのは、病院や患者によって採卵にかかる薬代、受精卵の凍結・移植方法に違いがあるためです。不妊治療を始めたいけれど、お金が心許ないという方には行政が行なっている不妊治療への支援事業があります。例えば、大阪府では、治療のステージにもよりますが、体外受精や顕微授精の治療1回につき約15万円まで、初回の申請なら約30万円の助成金を受け取ることができます。もし、夫側になんらかの原因があり、男性不妊治療を行なった場合には、さらに約15万円の上乗せがされます。大阪市や東大阪市などでは、府とは別に市が独自に不妊治療助成を行っています。助成金を受け取るために注意すべきことは、まず、通院している病院が大阪府や大阪市など、事業を行う行政の指定医療機関かどうか。そして申請には、医療機関の発行した治療費の領収書が必要になるので、レシートは失くさないように気をつけましょう。その他、夫婦の所得も助成を受けられるかどうかの基準になります。助成金の申請を考えている方は、お住まいの都道府県、市町村のホームページを確認するか、管轄の保健センターに一度問い合わせてみましょう。精神的、肉体的、経済的に苦しい場面が多い不妊治療。ただ、助成金という助け舟があるのとないのとでは、全く違います。助成金をうまく利用して、わが子に出会うその日のために治療に取り組みましょう。

Copyright© 2018 葉酸はサプリで楽々摂取!|必要不可欠な成分を楽して取り入れる方法 All Rights Reserved.